今季1号は値千金の先制3ラン 藤田安どの一発

[ 2011年10月5日 06:00 ]

セ・リーグ 横浜4-1巨人

(10月4日 東京D)
 横浜・藤田の今季1号が決勝弾となった。

 2回1死一、三塁。真ん中に来た西村の141キロ直球を振り抜いた打球は右中間席最前列に飛び込む先制3ラン。「犠牲フライでもいいつもりで打席に入りました。最近チャンスで打てていなかったので」と安どの表情を浮かべていた。

 ▼横浜・尾花監督(国吉は)よく投げたよね。着実に成長している。将来のベイスターズを背負う投手にならないといけない。

 ▼横浜・山口(2年連続30セーブ)通過点です。失敗が多いので、うれしい感じはあまりないです。

 ▼横浜・中村(通算2000試合出場)まさかここまでの数字を残せるとは思いませんでした。今までお世話になった方、自分を拾ってくれた横浜ベイスターズに感謝の気持ちでいっぱいです。

 ≪中村(横浜)通算2000試合出場≫巨人21回戦(東京ドーム)で達成。プロ野球43人目。初出場は近鉄時代の92年6月12日のダイエー戦。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月5日のニュース