曙ブレーキ工業・渡辺4安打完封「彼が柱ですから」

[ 2011年10月5日 06:00 ]

蒼龍旗争奪野球第2日 曙ブレーキ工業3―0東京ドーム

(10月4日 東京D)
 曙ブレーキ工業は先発の渡辺国昭が4安打完封で、初戦を勝利に導いた。

 サイドから繰り出される切れのある変化球と直球のコンビネーションで、相手打線に狙いを絞らせなかった。与えた四死球も1と、制球がさえた。会田光伯監督は「彼が柱ですから。調子も良さそうだし、満足しています」と称えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月5日のニュース