ソフトB清水来季2軍バッテリーコーチ就任へ

[ 2011年10月5日 06:00 ]

 今季限りで現役を引退するソフトバンクの清水将海捕手(36)が、来季から2軍バッテリーコーチに就任することが4日、明らかになった。

 清水は96年ドラフト1位でロッテに入団。高い守備力で1年目から77試合に出場するなど正捕手として活躍した。その後、中日、ソフトバンクと移籍。今季はFA補強した細川の加入もあり、出場機会は3試合にとどまった。しかし球団側は捕手としての能力などを高く評価しており、体調面の不安で今季限りで退団した山倉和博前2軍バッテリーコーチ(56)の後任を務めることになった。清水自身も要請を受諾する意向で、10年ドラフト1位の山下ら若手捕手の育成へ力を注ぐことになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月5日のニュース