レイズ指揮官 「レンジャーズは本当に手ごわい相手」

[ 2011年10月5日 09:10 ]

地区シリーズ敗退にベンチで肩を落とすレイズナイン

ア・リーグ地区シリーズ第4戦 レイズ3-4レンジャーズ

(10月4日 セントピーターズバーグ)
 米大リーグ、ア・リーグのでプレーオフの地区シリーズ(5回戦制)でレンジャーズ(西地区)がレイズ(ワイルドカード=最高勝率2位球団)に4―3で競り勝ち、3勝1敗で2年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

 レイズは前日に続いての1点差負けで、地区シリーズ敗退。レギュラーシーズン最終戦でプレーオフ進出を決め歓喜に沸いた本拠地は静まり返った。
 
 昨年に続けてレンジャーズに屈したマドン監督は「本当に手ごわい相手だ。素晴らしい野球をした」と相手を祝福。ただ、主力が次々と抜けても下馬評を覆してプレーオフに進んだ自軍の選手を「誇りに思う。開幕6連敗からよく巻き返した」とねぎらった。
 

 ▼レイズ・マドン監督の話 レンジャーズは本当に手ごわい相手だ。われわれ相手に2年続けて素晴らしい野球をした。ただ、うちの選手も開幕6連敗からよく巻き返した。誇りに思う。レンジャーズと来年のプレーオフで再戦できるように努力する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月5日のニュース