岩瀬リーグトップタイ35S「勝ちにつながればいい」

[ 2011年10月5日 06:00 ]

セ・リーグ 中日6-4広島

(10月4日 ナゴヤD)
 中日・岩瀬が9回を無失点に抑え、リーグトップの阪神・藤川、広島・サファテに並ぶ35セーブ目を挙げた。

 2死から失策で走者を出したものの安打は許さず、危なげない投球。5回以降を1安打と、いい流れでつないだ救援陣の最後を締めくくった。ただ本人は個人記録には興味を示さず「とにかく勝ちにつながればいい。並んだだけ。最終的に(最多セーブに)なればいいけど」と話した。

 ▼中日・久本(07年以来の白星)0点に抑えることが仕事だが、もう少しいい投球ができるようにしたい。

 ▼中日・平田(6回に決勝2点三塁打)甘いのは全部いこうと思っていました。(残り試合)全部勝てば優勝できる。短期決戦に似た雰囲気がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月5日のニュース