フランシスコ 千金3ラン「速球を狙っていた」

[ 2011年10月5日 11:10 ]

7回2死一、二塁、左中間に3ランを放つ代打・フランシスコ

ナ・リーグ地区シリーズ第4戦 フィリーズ3―2カージナルス

(10月4日 セントルイス)
 フィリーズは0―0の7回2死一、二塁で代打フランシスコが「速球を狙っていた」と豪快に振り抜き、左中間越えに放り込んだ。

 好投のハメルズに代えてフランシスコを送ったマニエル監督は「彼は左に強いし、速球にも強い」と、してやったりの表情。接戦をものにしてリーグ優勝決定シリーズ進出まであと1勝に迫り「毎回のように走者を許す、弾丸を避けるような試合だったが、うまくいった」と笑顔だった。

 一方、先発ガルシアを続投させたカージナルスのラルーサ監督は「(ガルシアの)たった一つのミスが柵越えになった」と悔しさをにじませていた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月5日のニュース