山内「粘りきれなかった」も打線に感謝しきり

[ 2011年9月10日 22:13 ]

3勝目を挙げた山内(右)を迎える中日・落合監督
Photo By スポニチ

セ・リーグ 中日4―3横浜

(9月10日 ナゴヤD)
 8回3安打3失点で自己最多のシーズン3勝目を挙げた中日の山内は、8回に逆転した味方打線に感謝しきりだった。「野手の方に助けてもらった。感謝でいっぱい」と謙虚に話した。

 3回までは安打を許さなかった。しかし、1―0の4回に甘い球を村田にソロ本塁打され、7回には二塁打の村田を置いて、筒香に右翼席に運ばれた。3本の被安打はいずれも長打。幸運だった右腕は「粘りきれなかった。次は与えられたところをしっかり抑えたい」と喜びは控えめだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月10日のニュース