プロ初対決はマー君に軍配!佑ちゃんは4失点で4敗目

[ 2011年9月10日 16:52 ]

プロで初めて対戦し投げ合う楽天・田中(左)と日本ハム・斎藤。田中は完投で15勝目を挙げ、斎藤はプロ初完投したが4敗目を喫した

パ・リーグ 楽天4-1日本ハム

(Kスタ宮城)
 楽天-日本ハム19回戦が10日、Kスタ宮城で行われ、楽天が先発・田中の好投で4-1と快勝した。

 楽天は初回1死一、三塁から、山崎の右犠飛で先制。6回には2死二塁からガルシア、中村、嶋の3連続適時打で4-0と突き放した。
 
 田中は多彩な変化球と150キロ超の直球で日本ハム打線を翻ろう。9回5安打12奪三振1失点で完投し15勝目を挙げた。

 初回に先制を許した斎藤は2回以降は持ち前の粘りの投球を見せていたが、6回に崩れた。それでも7、8回を無失点に抑え、8回を投げきった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月10日のニュース