稲葉 球宴MVP賞金全額を宮城のスポーツ少年団に寄付

[ 2011年9月10日 06:00 ]

宮城県の三浦秀一副知事(右)にオールスター第3戦MVPの賞金300万円の目録を手渡す日本ハムの稲葉篤紀外野手

 7月24日のオールスター第3戦(Kスタ宮城)でMVPに輝いた日本ハムの稲葉が宮城県庁を訪れ、賞金全額の300万円を宮城県スポーツ少年団に寄付した。

 東日本大震災の復興支援策の一環として開催された同試合で稲葉は本塁打を含む3安打3打点の活躍。試合直後に賞金を被災地のために使う意向を明らかにしていた。「たくさんの子供たちがまだ苦しんでいると聞いて、あらためて僕らの運動に終わりはないと思った。しっかりサポートしないといけない」と野球を通じての恩返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月10日のニュース