強気内角攻め!帆足完封チームトップの8勝目

[ 2011年9月10日 06:00 ]

<オ・西>9回、T-岡田を遊ゴロ併殺打に打ち取り4安打完封で8勝目をあげ笑顔の帆足

パ・リーグ 西武4-0オリックス

(9月9日 京セラD)
 西武の帆足が昨年4月以来の完封でチームトップの8勝目を挙げた。

 後藤、T―岡田ら左の強打者の内角を強気に攻め、早打ちしてきた相手の打ち損じも誘発。9回1死一、二塁ではT―岡田への初球の直球が真ん中に入ったが遊ゴロ併殺に打ち取り、ヒーローインタビューで「絶対に勝とうと思っていた。何が何でもCSに出られるように頑張りたい」と気勢を上げた。依然として2桁借金も、9月は6勝2敗で3位・オリックスとは5・5ゲーム差。逆転でのCS進出に向け一戦必勝の戦いが続く渡辺監督は「きょうはバッテリーの勝利。うまく内角を攻めていたね」と目を細めていた。

 ▼西武・小野投手コーチ(帆足について)高低、コースを幅広く使えていた。久しぶりに帆足らしい投球を見ました。

 ▼西武・片岡(7回の適時打を含む2安打)終盤にもう1点が欲しいところで結果が出せてよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月10日のニュース