原監督 薄氷の無失点リレーに「奇跡」の言葉も

[ 2011年9月10日 21:40 ]

広島戦に先発した巨人・西村

セ・リーグ 巨人1―0広島

(9月10日 東京D)
 10安打を浴び6四球を与えた巨人が、粘りに粘って1点を守りきった。薄氷の無失点リレーを、原監督は「奇跡というわけではないけれど、それぐらい重い試合。価値ある勝利」と振り返った。

 先発の西村は「要求通りに投げられず、最後まで制球に苦しんだ」という不安定な投球だったが、紙一重で踏みとどまった。救援陣もピンチを作りながらも、なんとかしのぎ、4試合ぶりの白星で、阪神をかわして3位に浮上した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月10日のニュース