阪神“天敵”館山に5連敗…逆転負けで5差に広がる

[ 2011年9月10日 06:00 ]

<ヤ・神>1回2死二塁、新井は中越えに先制の2点本塁打を放つ

セ・リーグ 阪神2-4ヤクルト

(9月9日 神宮)
 終わってみれば阪神の得点は4番・新井の先制2ランだけだった。主砲は「(打球が上がるのは)自分のスイングができているからじゃないかな」と振り返ったが、チームは首位・ヤクルトに逆転負け。直接対決3連戦の初戦を落とし、ゲーム差は5に広がった。

 1点を追う8回1死一、三塁では代打・上本、鳥谷が凡退。真弓監督は「なかなか、もう1本が出ない」と嘆いた。ヤクルト戦は今季10勝4敗。しかし指揮官が「いつもの球の切れがなかったけど、丁寧に投げていた」と話した今季初対戦の館山は天敵で、09年10月8日から5連敗だ。8回には送球ミスから痛恨の失点。大事な一戦で4失策と守備が乱れ「ちょっとミスが出たね。気を引き締めていきたい」と真弓監督は前を向いた。直接対決を10試合残すとはいえ、これ以上離されるわけにはいかない。

 ▼阪神・岩田(バレンティンに逆転2ランを浴びるなど5回3失点で11敗目)失投です。最初から最後まで球種がバレていたのかなと思うぐらい、どの球種に対しても合わされている感じがした。これで終わってられない。やり返します。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月10日のニュース