ヤクルト天敵久保を攻略!川端先制の3ラン

[ 2011年9月10日 22:44 ]

3回、先制3ランを放ち、宮本(6)らに迎えられるヤクルト・川端(右)

セ・リーグ ヤクルト6-2阪神

(9月10日 神宮)
 ヤクルトが2009年から9連勝を許していた天敵・久保を4回途中でKO。今季これまで久保に無安打だった二人が、攻略の扉をこじ開けた。ここまで14打数無安打の青木は「いい球が来たら1球目からという気持ちはあった」と一、三回に右前打。同じく12打数無安打だった川端は右足の上げ方を工夫。「足を上げていては振り遅れる。打っていない人は足を上げている人が多いなと思った」。3回1死二、三塁。久保の落ち切らない変化球を振り抜き、右翼席へ先制の3ランをたたき込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月10日のニュース