聖光学院の歳内がプロ志望届提出!「楽しみに待つ」

[ 2011年9月10日 06:00 ]

 聖光学院の歳内宏明投手(18)が9日、プロ志望届を提出した。

 福島県高野連に書類を提出した同校の斎藤智也監督は「ある程度の評価はいただいていると思う。あとは楽しみに、運命の日を待ちたい」と話した。歳内は「憧れというより勝負する場所。しっかりやる」とプロでの意気込みを話していた。また、日本高野連は同日までにプロ志望届を提出した選手をホームページ上で公表。提出者は歳内のほか、今夏甲子園で準優勝した光星学院(青森)で主将を務めた川上竜平外野手ら計30人となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月10日のニュース