球宴勝ち越しのパ・リーグがウエ―バー優先権獲得

[ 2011年7月25日 06:00 ]

オールスターゲーム2011第3戦 前パ5―0全セ

(7月24日 Kスタ宮城)
 球宴を2勝1敗で勝ち越したパ・リーグが規約により、10月27日に行われるドラフト会議でのウエーバーの優先権を得た。

 これでウエーバーの指名順はパの最下位球団、セの最下位球団、パの5位球団…の順となることが確定。ただ、全セ・落合監督は「まるっきり関係ない。どっちにしても(1巡目の指名重複は)抽選なんだから」と意に介していなかった。

 ▼全セ・落合監督 他球団の選手を預かる身としては、故障者なく終われたことが何より。(打つべき人が打った球宴か、との問いに)それは分からない。お客さんが判断するものじゃないの。

 ▼全パ・秋山監督 選手はいろいろな思いを込めて、全力でプレーしてくれたと思う。(被災地は)これからもまだまだ大変だが、全力プレー、最後まで諦めない姿勢を見せていきたい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース