仙台出身の江尻 3者連続三振で地元に勇気

[ 2011年7月25日 06:00 ]

オールスターゲーム2011第3戦 全セ0―5全パ

(7月24日 Kスタ宮城)
 <全セ>仙台市出身の横浜・江尻が7回から登板し、「やっぱり特別な思いがある」と地元での球宴で2イニングを無失点に抑えた。

 7回を無失点で切り抜けると、8回には中村、T―岡田、中田から3者連続で空振り三振を奪った。東日本大震災直後は数日間、父親と連絡が取れず、知人の多くも被災。監督推薦で球宴初出場が決まった際は涙を流して喜んだ。試合前は球場に隣接する陸上競技場で行われたイベントに飛び入り参加。「特別な年にまさか自分が仙台の球宴で投げるなんて思わなかった。本当に感謝です」と感慨深げだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース