新主将が連敗止めた!中島、千金の勝ち越し2ラン

[ 2011年7月25日 22:23 ]

8回、決勝2ランを放ち、一塁へ向かう西武・中島。右は打たれたロッテ先発の成瀬

パ・リーグ 西武4―2ロッテ

(7月25日 西武D)
 西鉄ライオンズ時代を復刻した西武のグレーのユニホーム。この日から中島の右胸にはCのマークが着いていた。9連敗と苦境から抜け出せない現状を打開しようと、渡辺監督からキャプテンに任命された男が8回に勝ち越しの2ラン。いきなり面目を果たした。

 成瀬の球速140キロを完璧にたたいた。打球は大勢のファンが陣取る左翼席へ。この回は先頭打者の栗山が出塁したが2番の浅村がバントに失敗していた。連敗中に何度も見た光景だったが「失敗をカバーしていい形で後ろに回そうと思っていた」と言う中島が、後輩のミスを取り返した。

 これからもプレーでナインを引っ張るつもりでいる。「着いた日にいい仕事ができて良かった」。胸のマークを見やり、照れくさそうに笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース