佐賀・唐津商 プロ注目の北方悠が完封で27年ぶり4度目の夏

[ 2011年7月25日 06:00 ]

<唐津商・佐賀工>甲子園出場を決め歓喜に沸く唐津商ナイン(左から2人目は北方悠)

佐賀大会決勝 唐津商2―0佐賀工

(7月24日 佐賀県営)
 唐津商はプロ注目のエース北方悠が佐賀工打線を完封。27年ぶり4度目の出場を決めた。

 決勝まで全6試合に先発して5完投。計888球を投げた右腕は「終わったときはこれで甲子園で投げられるんだなあと思った」と笑顔で振り返った。同校OBで元ダイエー投手の故藤井将雄さん(享年31)に憧れて始めた野球。27年前はその藤井さんがエースとして甲子園に出場して3回戦に進出した。北方悠は「できれば強いチームと当たりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース