ダル公式戦と違った難しさ実感…3連打浴びる

[ 2011年7月25日 06:00 ]

オールスターゲーム2011第3戦 全パ5―0全セ

(7月24日 Kスタ宮城)
 <全パ>マー君からバトンを受けて2回のマウンドに上がったダルビッシュは1死から3連打を浴び、満塁のピンチを招いたが、青木を三ゴロ併殺に打ち取った。

 「(球宴では)内角、カットボールも行けない。とはいえ、打たせて取っては空気的に許してもらえないし、投手には厳しい。でも0点に抑えられて良かった」と振り返った。仙台は東北高時代を過ごした第二の故郷。「自分で決めたメッセージ(を発信すること)は難しいが、球場だけでなくテレビで見てる人にも、いい方向で捉えてくれれば」との言い回しで、仙台での自身の投球が、被災者の希望となることを願った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース