岩手・花巻東 ヒーローは津波で自宅失った佐々木隆

[ 2011年7月25日 06:00 ]

<盛岡三・花巻東>2年ぶりの甲子園出場を決め抱き合う花巻東ナイン

岩手大会決勝 花巻東5―0盛岡三

(7月24日 岩手県営)
 花巻東ナインがマウンドで一つになった。盛岡三を下して2年ぶり6度目の甲子園出場。東日本大震災で甚大な被害を受けた東北3県で最初につかんだ夏切符に菊池主将は「岩手の代表として日本一を目指したい」と被災地の希望になることを誓った。

 勝利に貢献したのが背番号12の2年生捕手、佐々木隆だ。6回に中前適時打を放てば、最速151キロのエース大谷が左太腿裏の肉離れで登板できない中、先発の小原を巧みなリードで導いて完封勝ちを演出した。津波被害が大きかった大槌町出身の佐々木隆は自宅を失った。祖父母は行方不明のままで、釜石市内の父・正則さんの会社も流された。震災後は「親の仕事もなくなったし、野球を辞めて働こうと思った」。母・真紀子さんの「野球を頑張りなさい」の言葉で気持ちの整理をつけると、試合では「暗い顔をしているとピッチャーが不安になる」と笑顔を絶やさなかった。

 「両親に感謝したい。誰かを思う気持ちがあれば何でもできる」と佐々木隆。「被災した生徒が一番強かった」と振り返った佐々木洋監督は「特別な年で特別な思いがあった。花巻東ではなく岩手のチームとして岩手の底力を見せる」と誓った。菊池雄星(西武)を擁して4強入りした09年以来の大舞台。花巻東ナインが先輩超えを目指す。
 
 ▼西武・菊池雄星投手(花巻東10年卒)震災が起きてから、甲子園で勝って岩手を盛り上げることを意識していたと思うので、岩手に良い報告ができるように頑張ってほしい。今年は投手が良いので甲子園を沸かせてもらいたい。2年生中心のチームなので初戦が大事。自分も刺激を受けたので頑張りたい。(試合が)月曜なら(休日なので)見にいきたい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース