T―岡田 待望の一発含む3安打で敢闘選手賞

[ 2011年7月25日 06:00 ]

<全パ・全セ>4回、T―岡田が球宴1号を放つ

オールスターゲーム2011第3戦 全パ5―0全セ

(7月24日 Kスタ宮城)
 <全パ>オリックスのT―岡田が待望の球宴初アーチを放った。

 「(ファン投票で)選んでもらったから、期待に応えたい気持ちが強かった」と、4回1死でバリントンの高めの直球を右翼席へ運んだ。球宴ではシーズン中の倍、本塁打1本につき10万円を被災地に寄付することを決めていたが、その公約を守る一発だった。2回には昨年から11打席目にしての球宴初安打。6回にも二塁打を放ち、3安打の固め打ちで敢闘賞を獲得した。公式戦では6月26日のロッテ戦(QVCマリン)を最後に本塁打が出ておらず、前半戦終盤には先発落ちも経験した。それだけに「2回のヒットで気持ちが楽になった。この球宴をいいきっかけにして、何とかチームの勝ちに貢献できるようにしたい」と後半戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月25日のニュース