習志野10年ぶりに王手 31年目 東京学館浦安は初の決勝進出

[ 2011年7月25日 16:10 ]

千葉大会準決勝

(7月25日 QVCマリン)
 第93回全国高校野球選手権千葉大会は25日、準決勝が行われ、10年ぶり8回目の優勝を狙う習志野が拓大紅陵に7―0で7回コールド勝ち。第2試合ではともに初の甲子園出場を目指す、東京学館浦安と流通経大柏が激突。流通経大柏は最大5点差を跳ね返し、9回に7―7としたが、東京学館浦安がその裏1点を入れサヨナラ勝ち。1981年の大会初参加以来、31年目にして初の決勝進出を果たした。

 決勝戦は27日にQVCマリンに行われる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース