斎藤ビックリ わずか9球で車ゲット「何か申し訳ない」

[ 2011年7月25日 06:00 ]

「スカイアクティブテクノロジー賞」に選出された斎藤

オールスターゲーム2011第3戦 全パ5―0全セ

(7月24日 Kスタ宮城)
 <全パ>予想もしない知らせが、日本ハム・斎藤に舞い込んだ。3試合を通じてファンに夢や希望を与えた選手が対象となる「スカイアクティブテクノロジー賞」に選出されたのだ。

 球宴スポンサーのマツダ社から数種類の中から新車を1台プレゼントされることになった右腕は「びっくりしました。何か申し訳ないですね」と恐縮しきりだった。

 もっとも、この日の投球は完璧だった。6回にマウンドに上がると、村田を低めのスライダーで3球三振に仕留めるなど、わずか9球で3者凡退に抑えた。日本ハムの先輩・武田勝が4本塁打を浴びて緊急リリーフした22日の第1戦(ナゴヤドーム)と合わせて2回2/3を無失点。新人ながら球宴で2試合に登板し「少年野球の選手もたくさん来ていたし、プロを目指す人たちの前で投げられて良かった。大変な人もいるはずの仙台で明るい雰囲気で投げさせてもらえた」と感謝の言葉も口にした。球宴後の最初の登板は8月2日のロッテ戦(札幌ドーム)。夢と希望を与えたい。そんな気持ちで斎藤はシーズンのマウンドにも立つ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース