中田 シーズン仕様のコンパクト・スイングで初安打に「ホッ」

[ 2011年7月25日 06:00 ]

<全パ・全セ>4回1死、球宴初安打となる右前打を放つ中田

オールスターゲーム2011第3戦 全パ5―0全セ

(7月24日 Kスタ宮城)
 <全パ>初出場の日本ハム・中田が3試合目で球宴初安打をマークした。8打席凡退で迎えた4回に右前打を放ち、「ホッとしました」。この日は前日までのフルスイングから、シーズン同様のコンパクトなスイングに戻した。

 ただ、2回無死一塁での同学年の由規との対戦だけは少し後悔が残った。「(2回は)全部(本塁打を)狙ってもよかったかな」。直球が4球続いたが、投ゴロ併殺打に倒れ、「しょうもない当たりだった」と苦笑い。それでも、6回にも左前打を放った。左翼守備では5回にマートンのライナーを右足を滑らせながら、前のめりで捕球。「危なかった」と冷や汗を拭ったが、スタンドを沸かせた。

 3試合にフル出場。本塁打は来年以降にお預けとなったが、「一流選手ばかりで勉強になりました」と充実した表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース