東北ゆかりの広島勢、石原&栗原が初先発でともに安打

[ 2011年7月25日 06:00 ]

<全パ・全セ>3回2死一塁、左前打を放つ栗原

オールスターゲーム2011第3戦 全セ0―5全パ

(7月24日 Kスタ宮城)
 <全セ>東北福祉大出身の石原と山形県天童市生まれの栗原、東北にゆかりがある広島勢が今球宴で初のスタメンで、ともに1安打を放った。

 ダルビッシュから中前打を放った石原が「東北はまだまだしんどい状況だし復興に時間もかかる。思いを忘れずに自分のできることを協力してやっていきたい」。3回に左前打した栗原は「1本打ちたいと思っていたので、ホッとした」と話し、試合前の楽天・嶋のスピーチに「僕も東北出身。ジンときた」と感動していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月25日のニュース