山梨学院大付 2年ぶり5度目の甲子園決めた

[ 2011年7月25日 06:00 ]

<日本航空・山梨学院大付>甲子園出場を決め歓喜の山梨学院大付ナイン

山梨大会決勝 山梨学院大付10―3日本航空

(7月24日 小瀬)
 山梨学院大付は日本航空を10―3で下して2年ぶり5度目の出場を決めた。

 3―3の8回2死満塁で坂上が決勝の押し出し四球を選んだ。準決勝まで大会新記録の4戦連続本塁打と、大会5本塁打のタイ記録をつくっていた4番・小林は不発に終わったが、先制右前打を含む2安打1打点。高校通算25発のスラッガーは「相手が左投手だったので記録は意識しなかった」とチームの勝利を優先して笑みをこぼした。前回出場の09年は初戦敗退。小林は「全員野球で勝ちたい」と大舞台での白星を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月25日のニュース