マイナーで“飼い殺し” NY紙が井川を特集「獲得は完全な失敗」

[ 2011年7月25日 15:32 ]

「消え去ったヤンキース選手」の見出しで、井川慶投手について報じる、24日付の米紙ニューヨーク・タイムズの紙面

 24日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、大リーグ、ヤンキース傘下のマイナーでプレーする井川慶投手を「消え去ったヤンキース選手」の見出しで、スポーツ面のトップから中面へと続く3ページの大型特集で取り上げた。マンハッタンの自宅から2時間以上かけてマイナーの試合へ自家用車で移動する様子などが盛り込まれている。

 同投手は2006年末にポスティングシステム(入札制度)を利用して、阪神からヤンキースへ移籍した。5年総額2千万ドル(約15億8千万円)の契約に加え、2600万ドル(約20億5千万円)の入札金を費やしながら、07、08年の計16試合で2勝4敗の成績を残しただけで、マイナー暮らしが続く現在も400万ドルの年俸が支払われていると指摘し、キャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)の「(獲得は)完全な失敗だった」との談話を紹介した。

 同GMは08、09年に日本の球団から獲得の打診があり、井川と話し合いを持ったが、子どものころからメジャーで投げるのが夢という当人が断ったとし、以降は“飼い殺し”の状態が続いていると指摘。ただ、今年で契約が切れるため、大リーグ球界関係者の話として、来季はメジャーの他球団からのオファーが届く可能性もあるとしている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月25日のニュース