松井はネクストサークルから逆戻り

[ 2011年5月21日 18:48 ]

ジャイアンツ戦の7回、代打の準備をするアスレチックス・松井。この後左腕投入で出場機会がなかった

ア・リーグ アスレチックス1-2ジャイアンツ

(5月21日 サンフランシスコ)
 敵地で指名打者制がなく、先発を外れたアスレチックスの松井が、同点の7回2死三塁で打順が投手に回ったところで次打者席に登場した。しかしここで投手が左腕に代わり、右打者が代打として起用された。

 松井は左腕が出てきた時点で、昨年9月以来の「代打の代打」を覚悟したという。だが、実際は「コールされたと思っていた」自身の代打は球審に伝わっておらず、出場したことになっていなかった。ゲレン監督は「そうと分かったので、ベンチに戻した」。その後は再び備えたが、出場機会は訪れなかった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース