大塚 メジャーセーブ王とチャリティーサイン会 

[ 2011年5月21日 13:56 ]

東日本大地震の義援金集めのサイン会を行った前レンジャーズの大塚晶則投手(左端)とトレバー・ホフマン氏(その右)

 米大リーグ、前レンジャーズの大塚晶則投手が20日、パドレス時代の同僚で歴代1位の通算601セーブを記録したトレバー・ホフマン氏とサンディエゴのペトコ・パークでサイン会を行った。ホフマン氏の発案で、参加料などを東日本大震災の義援金として送る。

 夫人の実家が仙台空港に近く、一時は連絡が取れずに心配したという大塚は「ホフマンから『日本を助けるぞ』と声を掛けてくれた。すごく感謝しているし、これが少しでも東北の人たちの力になれば」と話した。

 また、何度か手術を受けている右肘は「九十パーセントほどの回復。痛みもなく投げることができている」そうで、パドレス―マリナーズの始球式役も務めた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース