ロメロ 10セーブリーグ一番乗り!

[ 2011年5月21日 19:10 ]

10セーブ目を挙げた巨人・ロメロ

交流戦 巨人4-3日本ハム

(5月21日 札幌ドーム)
 巨人1点リードの8回、2死二、三塁とされ、前の打席で本塁打を放った好調の中田を迎える絶体絶命のピンチをロメロが救った。ぽんぽんと追い込むと、最後は同じ軌道から落ちるワンバウンドのフォークボールで空振り三振に。9回も3人で退け、しびれるような1点差勝利をチームにもたらした。

 「打ち取るんだ、と強い気持ちで臨んだ。積極的な投球を心掛けた」と胸を張る。山口の故障で抑えの座をつかむと、黒星は一つだけで10セーブ目。2桁到達はヤクルトの林昌勇らを抑えて、堂々のリーグ一番乗りだ。「結果はうれしいけど、これを継続しないとね」とロメロ。昨年まで不安が残った終盤戦を、今季は推定年俸500万円の男が頼もしく締めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース