平野が欠場…真弓監督「まだちょっと無理」

[ 2011年5月21日 06:00 ]

交流戦 阪神0-4ソフトバンク 

(5月20日 ヤフーD)
 左足太もも内側を負傷している阪神・平野が20日のソフトバンク戦を欠場した。歩行は可能。試合前もフリー打撃、守備練習と通常通りのメニューを消化していたが、真弓監督が大事を取らせるという判断を下した。

 「まだちょっと無理と違うのかな」

 18日のオリックス戦(京セラドーム)で本塁に突入した際に捕手・鈴木と交錯して途中交代。病院での診察は受けず、19日も室内で出場に向けての調整を行っていた。

 相手先発が左腕の山田という巡り合わせも強行出場をとどまらせた理由の一つかもしれない。結局、代打にも立たずに不出場。「ボクはもちろんできるだけ早く試合に出るつもりでやっている。あすもまだゲームはあるのですから」。21日もまた左腕の杉内が濃厚だが、平野本人は1日も早い復帰に向けて準備はしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース