松坂、再び精密検査も…「選手に当然の権利」

[ 2011年5月21日 06:00 ]

タイガース戦のベンチで試合を見守るレッドソックス・松坂

 右肘の内側側副じん帯の異常で故障者リスト(DL)入りしたレッドソックス・松坂が、あらためて精密検査を受ける可能性が出てきた。

 テリー・フランコナ監督が試合前の会見で、17日の最初の検査とは別の医師による診察を受ける「セカンドオピニオン」の可能性について問われ「選手にとって当然の権利。その方が彼が納得できるなら協力する。いつ、どこでやるかなどは決まっていない」と話した。松坂はこの日から治療を開始。試合前にクラブハウスで、患部にアイシングを施すなどの処置を受けた。再検査までは投球禁止で、メジャー復帰は7月12日の球宴明けにずれ込む可能性がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース