大竹 昨年6月以来の1軍登板で手応え

[ 2011年5月21日 18:29 ]

交流戦 広島3-2オリックス

(5月21日 京セラD)
 昨季は右肩痛に苦しんだ広島の大竹が先発し、昨年6月以来となる1軍マウンドで5回を5安打1失点にまとめた。「5回で満足している場合じゃないが、1点取られても粘り強く次の点をやらなかった」と手応えを感じ取った様子だった。

 この日は28歳の誕生日。完全復活へ第一歩を踏み出し「気持ちは次。そのためにしっかり準備していきたい」と意気込んだ。

 ▽野村監督(大竹に)「安打を打たれても要所を締めた。内容どうこうより、非常に明るい表情だった」

 ▽岩本(2号2ラン)「越えるかどうか分からなかったので、一生懸命走った。久しぶりの感触だった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース