カブス今季最多失点で大敗 福留出番なく「仕方ない」

[ 2011年5月21日 13:16 ]

レッドソックス戦の先発メンバーから外れ、ベンチから試合を見守るカブス・福留(右から2人目)

 米大リーグは20日、交流戦が始まり、カブスが1918年のワールドシリーズ以来となるボストンのフェンウェイ・パークでのレッドソックス戦に多くのカブスファンが詰め掛けるなか臨んだが、今季最多失点の5―15と大敗した。

 左投手が相手で先発を外れ、最後まで出番がなかったカブスの福留孝介外野手は、チームの大敗に「いつも同じ負け方。もっと考えてやらないと」とさえない表情。松坂の故障者リスト入りで日本人同士の対戦もなくなり「楽しみだったけど、仕方ない」と残念そうだった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース