木佐貫“念仏投法”で待望の今季初白星

[ 2011年5月21日 06:00 ]

<オ・広>オリックス先発の木佐貫

交流戦 オリックス3-2広島

(5月20日 京セラD)
 開幕投手を務めたオリックスの木佐貫が、自身7試合目にして待望の今季初勝利を挙げた。

 毎回のように得点圏に走者を背負ったが、外角低め直球がさえ、7回1失点の粘投。「だいぶ長かった。きょうダメだったら…。ラストチャンスと思って投げました」。試合中はマウンドで「念仏を唱えながら」投げたという。「嫁のじいさんが漁師をやっていて(昔に)海の上で何回か死にそうになった時に念仏を唱えていたそうで。腹をくくってブツブツいいながら投げました」と木佐貫。岡田監督は「ひとつ勝って変わってくる。辛抱して投げたよ」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース