堂上剛 定位置確保へ一歩前進!初先発で2安打

[ 2011年5月21日 18:35 ]

交流戦 中日4-13西武

(5月21日 西武D)
 9回に6点を奪った前夜から一転、この日は連打の出なかった中日打線。光ったのは不振のグスマンに代わり「7番・右翼」で今季初めて先発出場した堂上剛だった。

 第1打席は2回2死二塁の好機。岸の142キロに力負けせず、右翼線に先制の二塁打を放ち「先に点が取れてよかった」と喜んだ。5回は先頭で中前打して出塁、2点目のホームを踏んだ。

 代打で結果を出してチャンスをつかんだ8年目の25歳が、定位置確保へ一歩前進した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース