岸 4回に右ふくらはぎつったが大量援護で今季初白星

[ 2011年5月21日 19:07 ]

今季初勝利を挙げた西武・岸

交流戦 西武13-4中日

(5月21日 西武D)
 西武の岸は打線の大量援護に助けられ、2度目の先発で今季初勝利を挙げた。4回に右ふくらはぎがつるアクシデントに見舞われたが、何とか5回を投げ終えて2失点にまとめた。

 右腕は5回で降板したことに悔いが残る様子で「もっと投げないといけない。いっぱい点を取ってくれたので、僕は何もしていないようなもの」と喜びは控えめ。脚の具合は問題なさそうで「どうなるかは分からないけれど、僕はいくつもり」と次回登板へ向けて気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース