斎藤、22日にもブルペンで立ち投げ再開へ

[ 2011年5月21日 06:00 ]

状態を確かめながらキャッチボールする斎藤

 左脇腹痛で2軍調整中の日本ハムのドラフト1位・斎藤が22日にもブルペンで立ち投げを再開する。

 「(ブルペンに)入ろうと思えば5日前ぐらいに入ることもできた」。この日は鎌ケ谷で故障後、最長となる約70メートル遠投などを行い「早く投げたいが、慎重にやりたい気持ちもあった。できれば週末には入りたい」と回復具合を確認した。関根2軍投手コーチも「あのぐらいの距離をもう1度遠投して、問題なければ日曜日ぐらいかな。まずは立ち投げからになる」と復帰へ向けたリハビリのギアが一段上がることを示唆した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース