小川監督、反省…「僕のミスで後手後手に」

[ 2011年5月21日 06:00 ]

交流戦 ヤクルト1-2楽天

(5月20日 Kスタ宮城)
 ヤクルト打線は田中から9安打を放つも、要所を抑えられ15三振。小川監督は「由規を何とか勝たせてあげたかったが、僕のミスで後手後手に回った」。

 同点の7回1死二塁では「勝負をかけて」(小川監督)左翼・ユウイチに前進守備を指示したが、打球はその頭上を越えて勝ち越しの走者が生還。9回無死一塁で代走・福地を起用したが得点にはつなげられず、指揮官は「なかなか動けなかった。反省しています」と振り返った。

 ▼ヤクルト・伊勢総合コーチ 楽天・田中にホワイトセルはみんな同じ球種を振って4三振。あしたは考えなければいけない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月21日のニュース