「ボール握りながら寝た」岡島 2番手で無失点

[ 2011年4月27日 11:25 ]

オリオールズ戦で登板し、1/3回を無安打無失点だったレッドソックス・岡島

レッドソックス1―4オリオールズ

 レッドソックスの岡島秀樹投手は26日、ボルティモアで行われたオリオールズ戦で1―4の7回途中に2番手で登板し、1/3回を投げて無安打無失点だった。勝敗やセーブは付かず、チームは1―4で敗れた。

 岡島は3点をリードされた7回2死二、三塁で登場し、打者1人を抑えた。8番打者ウィータースをカーブで捕ゴロに。内角速球を見せてからの4球目で「インコースの厳しいところを攻めたので、カーブが生きたと思う」と胸を張った。

 これがまだメジャー昇格後2試合目の登板。マイナーのボールは滑りにくい材質で「(メジャーの)ボールに違和感があった。(昇格後は)握りながら寝ていた。早く信頼を取り戻せるように頑張っていきたい」と謙虚に話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月27日のニュース