東野 7回一挙4失点で今季初黒星「対策を練らないと」

[ 2011年4月27日 06:00 ]

<ヤ・巨>6回1死二塁、ユウイチに勝ち越し打を打たれ厳しい表情の東野

セ・リーグ 巨人1-7ヤクルト

(4月26日 静岡)
 我慢の投球を続けていた巨人の東野は7回に一挙4失点し、今季初黒星を喫した。

 12日の開幕・ヤクルト戦(ユーピーアール)でも6回まで無安打ながら、7回に4長短打を集中され2失点した。「7回が痛かった。前(開幕戦)と同じ。対策を練らないといけない」と厳しい表情。原監督は及第点を与えながら「開幕投手なので当たる投手はエース格。内容は良かったが、その自覚の中でやってほしい」と一層の安定感を求めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月27日のニュース