ピンチで三振斬り 五十嵐 4球で今季初勝利

[ 2011年4月27日 11:37 ]

メッツ6―4ナショナルズ

 メッツの五十嵐亮太投手は26日、ワシントンで行われたナショナルズ戦で3―3の5回2死二、三塁のピンチに2番手で登板し、空振り三振を奪った。直後に2点を勝ち越したチームが6―4で勝ち、1/3回を無失点だった五十嵐に今季1勝目が付いた。

 五十嵐が、わずか4球で今季初勝利を挙げた。同点の5回2死二、三塁でマウンドに上がると、主軸のワースに対し変化球で追い込み、最後は外角の真っすぐで空振り三振。直後の6回にチームが2点を勝ち越し、そのまま逃げ切って幸運な勝ち星を手にした。五十嵐は「理想的な配球だった」と投球内容を満足そうに振り返り「勝てて素直にうれしい」と満面に笑みを浮かべていた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月27日のニュース