涌井 2失点今季初完投も援護なく2敗目

[ 2011年4月27日 06:00 ]

<西・楽>2回、嶋に先制打を打た渋い表情の涌井

パ・リーグ 西武0-2楽天

(4月26日 皇子山)
 西武の涌井が5安打2失点で今季初完投も、打線が今季4度目の零敗で2敗目を喫した。

 2回2死から岩村に四球を与え、不運な内野安打2本で失点。「2死からの四球が失点につながった。調子は良かっただけにもったいなかった。相手が岩隈さんだったので先に点を与えたのが良くなかった」と振り返った。

 直球は140キロ台後半を計測するなど、3回以降は危なげない投球だっただけに1つの四球が悔やまれた。渡辺監督は「よく投げたと思うけど、エース同士の投げ合いの中で、2死からの四球は1回だけ見せた隙だった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月27日のニュース