森本が流れ止めた…「僕がキーマンでしたね」

[ 2011年4月27日 06:00 ]

<中・横>回横浜1死一、二塁、遊ゴロ併殺打に倒れベンチで悔しがる森本

セ・リーグ 横浜2-3中日

(4月26日 浜松)
 横浜は3併殺が最後まで響いた。流れを失ったのはムードメーカー森本の不調。3点を追う7回1死一、二塁でネルソンの直球に遊ゴロ併殺打に倒れると、9回の1死一、三塁でも岩瀬のスライダーに見逃し三振。直後に代打・一輝が左越え2点二塁打を放って1点差と迫っただけに「僕がキーマンでしたね。次の試合ではしっかり準備しないと」とうなだれた。

 これで中日にゲーム差で並ばれ、27日の同戦(豊橋)に敗れると単独最下位に。尾花監督は「接戦の負けが続いているが、うまくかみ合えば逆になる」と前を向いた。

 ▼横浜・高崎(5回4安打3失点の粘投)初回から球が高かった。次までにしっかり修正しないと。基本に戻って低めに投げる投球を心掛けたい。

 ▼横浜・一輝(9回2死一、三塁で1点差に追い上げる左越え2点二塁打)感触は悪くなかった。フェンスが高いので柵越えにはならないと思ったけれど、僕自身あすにつながる一打でした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月27日のニュース