ルース像見て同点弾!畠山、4番で6本塁打

[ 2011年4月27日 22:25 ]

2回、ヤクルトの畠山が同点本塁打を放つ

セ・リーグ ヤクルト4-1巨人

(4月27日 静岡)
 好調ヤクルトの4番畠山は練習前、球場正面に据えられたベーブ・ルースの像を見に行った。静岡・草薙球場は77年前の日米野球で、伝説の投手として知られる沢村栄治が大打者と対戦した歴史ある舞台。0―1の二回、その畠山が同点ソロを放つ。「ベーブ・ルースに会いに行ったかいがあった」と舌も滑らかだった。4番に座って9試合でリーグ最多タイの6本塁打と波に乗る。中盤以降は降雨で2度、計1時間の中断を挟んだ試合。旬の男が序盤にチームを勢いづかせ、引き分けを挟んだ連勝は8に伸びた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月27日のニュース