武田勝 得意のソフトバンクに打ち込まれる

[ 2011年4月27日 21:48 ]

パ・リーグ 日本ハム0-5ソフトバンク

(4月27日 札幌D)
 日本ハムの武田勝が昨季5勝無敗と相性の良かったソフトバンク打線に打ち込まれた。4回は2本塁打、5回は3連打と犠飛。「打たれたのが失投。全ては4、5回に集中している」とうつむきながら話した。

 4回途中までは丁寧な投球だったが、2死からカブレラに「不用意な球だった」という初球のスライダーを本塁打されたのを機に崩れた。「ボール球から入っても良かった。慎重になりすぎた面もある」と反省を重ねた。

 ▼梨田監督(今季初の零敗)「全てが初回。1点でも先行していたら違ったと思う。一つの流れでこれだけ野球は変わってくる」

 ▼多田野(カブレラへ計測不能のスローボール)「サインです。初登板だったので、自分の特徴を全部出そうとした」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月27日のニュース