広瀬 連敗ストップV3ラン!勝負強さ見せた

[ 2011年4月27日 06:00 ]

<広・神>7回1死一、三塁、広瀬は左中間に逆転3ランを放つ

セ・リーグ 広島6-4阪神

(4月26日 マツダ)
 勝負強さが売りの広島の3番・広瀬が一振りで試合を決めた。

 1点リードされた7回、先発・前田健の代打・小窪の二塁打から同点に追いつき、なおも1死一、三塁。ここで能見の外角高め直球を左中間席に運び、人さし指を突き上げた。「みんながいい形でつないでくれたし、マエケンに勝ちを付けたいと思って打席に入った」。チームの連敗を2で止め、粘投のエースを救う2号3ランに満面の笑顔だった。14打点はリーグ2位で、得点圏打率もリーグ2位タイの・636。「打順に関係なく自分の色を出すだけ」という広瀬に、野村監督も「凄く価値のある一発」と上機嫌だった。

 ▼広島・梵(7回1死二塁で右中間を破る同点の適時三塁打)チェンジアップかな。追い込まれていたけど、何とかしたかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月27日のニュース