中日最下位脱出!ブランコ弾で初連勝!山内プロ初完封

[ 2011年4月27日 20:00 ]

4回、先制本塁打を場外に放ち、手を上げて喜ぶ中日・ブランコ

セ・リーグ 中日1―0横浜

(4月27日 豊橋)
 6回裏途中降雨コールドゲームで、中日が今季初の2連勝。4回のブランコの2号ソロが決勝点となった。今季初先発の山内が6回を1安打で抑えてプロ初完封。横浜は先発の三浦を援護できず、中日と入れ替わって最下位に転落した。

 中日―横浜は27日、豊橋で行われた。中日の先発は山内、横浜は三浦。

 中日は4回、ブランコが4月14日以来となる豪快な一発を放った。横浜先発、三浦のスライダーを「タイミング良く完璧にとらえられた」という先制の2号ソロは、左翼場外に消えた。

 開幕から打撃不振に苦しみ、試合も全体練習もない日にも打撃練習するなど、必死さをにじませてきた。それだけに「これをきっかけに乗っていきたいね」と気を良くしていた。

 6回には中日はブランコの四球を足場に築いた1死満塁で、打者は代打・佐伯。横浜は三浦をあきらめ佐藤をマウンドへ。そこで雨がひどくなり、中断。その後降雨コールドとなり、1-0で勝利。連勝し、横浜に代わって5位に浮上した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月27日のニュース