ドキドキした初日 斎藤「多少慣れたかな」

[ 2011年2月1日 16:54 ]

キャンプインし、キャッチボールする日本ハム・斎藤

 プロ野球の12球団は1日に沖縄、宮崎両県の各地で一斉にキャンプインし、2011年のシーズンへ向け動きだした。日本ハムの注目ルーキー、斎藤佑樹投手(早大)は沖縄県名護市で約5時間、汗を流した。

 背番号18のユニホームを身にまとった斎藤投手はエースのダルビッシュ有投手らと談笑する場面もあり、チームに溶け込み始めた様子。初日を終え「緊張せずにやれた。プロの雰囲気に多少慣れたかな」と充実した表情で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月1日のニュース