ホフパワー「チームの勝利を意識したい」

[ 2011年2月1日 06:00 ]

日本ハム新外国人ホフパワー(左)と握手する梨田監督

 日本ハムの新外国人・ホフパワー(前カブス)が選手宿舎で入団会見を行った。

 背番号9の新ユニホームに袖を通すと「日本に来ることを待ち望んでいた」と笑顔。米国では08年まで古巣の同僚だった阪神・マートンと電話連絡を取り、日本文化やコーチ、選手との付き合い方を助言してもらったことを披露。メジャーで福留とレギュラー争いを繰り広げた助っ人は「本塁打にこだわらず、チームの勝利を意識したい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月1日のニュース